【スプリングS】2022年のサインは「ポムポムプリン」! サンリオ総選挙の結果に連対する枠番のヒントが隠されています!

2022年3月16日

2022年3月20日にスプリングステークス(以下、スプリングS)が開催されます。

 

まずは、レース名からサインのヒントを読み解きましょう。

レース名の「スプリング」に入っている「プリン」。

プリンと言えば、「ポムポムプリン」ですね。

競馬新聞といちご新聞を愛読されている皆様は、即答されたと思います。

 

ここは、ポムポムプリンに注目してサインのヒントを探しましょう!

ポムポムプリンと言えば、サンリオ総選挙のランキング上位に毎年名を連ねている人気キャラクターです。

 

サンリオ総選挙の結果と過去のスプリングSの結果に関連性が無いかを調べてみたところ、やっぱりありましたね。

サインが。

 

ポムポムプリンがサンリオ総選挙で2位だった年の翌年のスプリングSは、前年の○着の枠番が100%連対していました。

2021年のサンリオ総選挙の結果は、ポムポムプリンが惜しくも2位だったので、スプリングSでは間違いなくこのサインが発動することでしょう!

 

注目すべき前年の○着は果たして何着なのか。

2022年に絶対に連対する枠番が気になる方は、続きを読み進めてみてください!

 

ポムポムプリンが総選挙結果が2位となった翌年のスプリングSのサインのポイント

・ポムポムプリンが総選挙2位となった翌年のスプリングSは前年のレース結果に注目!

前年の8着だった枠番が翌年に必ず連対する。

以上の2つのポイントを抑えれば100%連対する枠番が見抜けます。

 

そんなこと言われても、サンリオ総選挙は毎年「ハンギョドン」に投票しているから、ポムポムプリンの過去の順位なんか知らないよ!!というハンギョドン推しの方もいらっしゃると思います

でも、大丈夫です。

 

以下にポムポムプリンの2位だった年と翌年のスプリングSの結果をまとめておりますので。

それでは、サンリオ総選挙の結果とスプリングSの過去の実績を確認していきましょう!!

 

ポムポムプリンが総選挙で2位となった年一覧

・第32回総選挙(2017年開催)

・第33回総選挙(2018年開催)

・第35回総選挙(2020年開催)

・第36回総選挙(2021年開催)

以上の4つの開催回になります。

 

それでは、上記の総選挙の開催された翌年のスプリングSの結果を確認していきましょう!

 

ポムポムプリンが総選挙2位となった翌年のスプリングSの結果

2018年:第32回総選挙の翌年

2015年から2016年にかけて、2連覇を達成していたポムポムプリン。

3連覇をかけて出場した第32回総選挙は、シナモロールに3連覇の夢を阻まれました。

 

以降、シナモロールとポムポムプリンは、ウオッカとダイワスカーレットのような熱戦を繰り広げていくことになります。

 

ポムポムプリンが3連覇を達成できなかった2017年のスプリングSの8着は、

第66回 スプリングS

8着:ストロングレヴィル(4枠4番)

という結果でした。

 

翌年のスプリングSの結果は、

第67回 スプリングS

1着:ステルヴィオ(6枠8番)

2着:エポカドーロ(4枠5番)

という結果でした。

 

2019年:第33回総選挙の翌年

第33回総選挙では、ポムポムプリンはシナモロールへのリベンジを誓いましたが、惜しくも2位。

この年の総選挙もシナモロールが大賞を獲得しました。

 

ポムポムプリンが2年連続で2位となった2018年のスプリングSの8着は、

第67回 スプリングS

8着:ハッピーグリン(5枠6番)

という結果でした。

 

翌年のスプリングSの結果は、

第68回 スプリングS

1着:エメラルファイト(5枠9番)

2着:ファンタジスト(1枠1番)

という結果でした。

 

2021年:第35回総選挙の翌年

2019年の総選挙では3位だったポムポムプリン。

復権を賭けて挑んだ第35回総選挙の結果は惜しくも2位。

 

ちなみに、この年の総選挙も1位はシナモロールでした。

 

ポムポムプリンが3度目の総選挙2位となった翌年のスプリングSは、

第69回 スプリングS

8着:ラグビーボーイ(8枠10番)

という結果でした。

 

翌年のスプリングSの結果は、

第70回 スプリングS

1着:ヴィクティファルス(8枠14番)

2着:アサマノイタズラ(4枠6番)

という結果でした。

 

2022年のスプリングSの推奨枠番はこれだ!

第36回のサンリオ総選挙は中間発表ではポムポムプリンが1位となっておりましたが、シナモロールに逆転を許して惜しくも2位。

シナモロールとポムポムプリンのライバル関係は2022年はどちらに勝利の女神が微笑むのでしょうか。

 

そんなポムポムプリンが4度目の2位となった2021年のスプリングSの8着は、

第70回 スプリングS

8着:ロードトゥフェイム(5枠9番)

という結果でした。

 

ということで、本ブログの推奨枠番は5といたします!

 

枠番発表は行われていませんが、どの馬が5枠に入るか今から楽しみですねヽ(=´▽`=)ノ

 

ちなみに、当ブログでは、サイン馬券を発表して実際に馬券を購入して結果発表をするという超優良ブログとなっています。

レース当日の午前中には実際の購入した馬券を公開いたしますので、興味のある方はトップページ(コチラをクリック)に移動をしてブックマークをお願いいたします。

(追記:スプリングSの購入馬券を公開いたしました。コチラの記事をご確認ください。)

 

(2021年の下半期のサイン馬券でのG1レース的中実績を知りたい方は以下の記事をご閲覧ください。)

【収支公開】サイン馬券のみで3ヶ月間馬券を買ったらいくら勝てるのか

 

※過去のG1レースで購入した馬券はコチラにて全て確認できます。

 

ブログ村・人気ブログランキングにも参加しておりますので、記事下のボタンをクリックしていただけますと創作意欲の励みになります

 

それでは、レース当日に再度訪問いただけることを願って。

ではでは。