【中山GJ】本宮ひろ志先生馬券の公開。ブレないオトナの青年漫画誌に馬券のヒントが隠されていたぞ!

ども、グランドジャンプで好きな漫画は怨み屋本舗、どん兵衛です。

 

単行本で読んでいるので、グランドジャンプに連載されている漫画は怨み屋本舗以外ほとんど知らないのが本音ですが。

 

怨み屋本舗は必殺仕事人や水戸黄門などと同じような勧善懲悪の漫画なのですが、いつも読了後に心がモヤモヤするのはなんででしょうか。

必殺仕事人などは観終わるとスカッとするんですけどね。

 

怨み屋本舗は悪役を倒しても全然心が晴れません。

依頼人の被害の遭い方がリアルすぎて怖いっていうのが、このモヤモヤの根源な気がします。

 

依頼人の被害の遭い方の具体例を挙げると、

街で子どもに注意したら、子どもの親がモンスターペアレンツで執拗に嫌がらせを受けることに。

嫌がらせを受け続けた結果、会社はクビに妻がレ○プされ…

的な話の導入が大体ですからね。

 

結局、被害者は怨み屋本舗に依頼をして悪役を成敗してもらうんですが、被害者のその後報われたかどうかは大体描かれていません。

 

あっ!

心のモヤモヤの正体は怨みを晴らしても超バッドエンドがバッドエンドになっただけという救いの無さだったんですね。

自分で書いていて解決しましたわ。

 

興味のある方は、心の調子が良いときに「怨み屋本舗」を一度読んでみてください。

気分が沈んでいるときには読まないことをオススメします。

 

そんなわけで、中山グランドジャンプ(以下、中山GJ)はグランドジャンプがサインです。

 

中山GJの本宮ひろ志先生馬券のサインの考察

中山GJは「グーグル検索サイン」でサインのヒントを探しましょう!

 

「グランドジャンプ」でグーグル検索をすると、一番最初に出てくるサイトは集英社の発行する「グランドジャンプ」という漫画雑誌のサイトです。

 

これは、漫画雑誌の「グランドジャンプ」にサインのヒントが隠されていると思い、探してみたらやっぱりありましたね。

 

サインが。

 

それは、「本宮ひろ志先生がグランドジャンプで新連載を始めた翌年は6枠が100%連対する」というサインです。

 

それでは、実際に本宮ひろ志先生がグランドジャンプで新連載を始めた翌年の中山GJの結果を確認してみましょう!

 

本宮ひろ志先生がグランドジャンプで新連載を開始した翌年の中山GJ

※()内は連載開始年。矢印右は翌年の中山GJの6枠の最高着順。

 

・俺の空 刑事編(2011年)→1着

・男樹〜村田京一〈四代目〉〜(2012年)→1着

・喝 風太郎!!(2013年)→2着

・こううんりゅうすい〈徐福〉(2017年)→6着

・海を渡るべ(2020年)→1着

 

上記の5つがグランドジャンプの創刊から新連載となった作品です。

タイトル(サブタイトルを除く)に漢字が入っていれば、連対率が100%となっています。

 

2021年に新連載となった本宮ひろ志先生のタイトルは、

「猛き黄金の国 二宮金次郎」

です。

 

漢字が入っているので、間違いなく6枠が連対することでしょう!

というわけで、当ブログの推奨枠番は6枠といたします!

 

中山GJの本宮ひろ志先生馬券はコチラ!

単勝:6番(500円)

 

枠連:6枠総流し(各100円)

 

ワイド:6番→4番、5番、8番(各200円)

 

合計:1,800円!!

 

オジュウチョウサンの6回目の勝利も観たいところですが、ここはサインに従ってケンホフォヴァルトの昨年のリベンジに賭けたいと思います。

枠連がトリガミになっても、ワイドが当たれば元返しくらいにはなってくれることでしょう!

 

それでは素敵な馬券ライフを。

ではでは。