【オーシャンS】サインは「横浜ベイスターズ」!! 三浦大輔監督に注目すれば、絶対に連対する枠番がわかります!!

2022年3月4日

2022年3月5日にオーシャンステークス(以下、オーシャンS)が開催されます。

 

ここは、「Google検索サイン」でサインのヒントを読み解きましょう!

「オーシャンとは」、「オーシャン 意味」とGoogle検索で調べてみた結果、どちらも検索結果の一番最初に「大洋」と表示されます。

大洋と言えば「大洋ホエールズ」

大洋ホエールズは、現在の横浜DeNAベイスターズ(以下、横浜ベイスターズ)の前身の球団名です。

 

ここは、「横浜ベイスターズ」でサインを探しましょう!

現在の横浜ベイスターズの監督は、「三浦大輔」監督。

三浦監督と言えば、マーチSで3着となった「リーゼントロック」のオーナーでもあります。

競馬とも縁の深い監督ですので、サインのポイントとしてはピッタリではないでしょうか。

 

三浦大輔監督は2022年で横浜ベイスターズの監督就任2年目を迎えます。

試しに、横浜ベイスターズの新監督が2年目を迎えた年のオーシャンズSの結果を確認してみたところ、やっぱり隠されていましたね。

サインが。

 

横浜ベイスターズの新監督が誕生した翌年のオーシャンSは必ず○枠が連対していました。

2022年も三浦監督が誕生した翌年なので、間違いなく○枠が連対することでしょう!

 

○枠が気になる方は記事を読み進めてください。

 

2022年のオーシャンSのサインのポイント

・監督が交代した翌年は、3枠が100%連対する!

※ただし、日本人監督に限る

となっております。

 

オーシャンSの第1回開催となった2006年以降の横浜ベイスターズの歴代監督は以下の通り。

 

2006年以降の横浜ベイスターズの監督一覧

・牛島和彦監督(2005年就任)

・大矢明彦監督(2007年就任)

・尾花高夫監督(2010年就任)

・中畑清監督(2012年就任)

・アレックス・ラミレス監督(2016年就任)

・三浦大輔監督(2021年就任)

 

アレックス・ラミレス監督は2019年に帰化をして日本国籍となっておりますが、就任当時は外国人監督のため、サインの対象外となっております。

 

それでは、横浜ベイスターズの監督が交代した翌年のオーシャンSの結果を振り返っていきましょう!

 

横浜ベイスターズで新監督が誕生した翌年のオーシャンSの結果

2006年:牛島監督就任翌年のオーシャンS

オーシャンSの記念すべき第1回が開催された2006年の前年に牛島和彦監督が誕生しました。

 

牛島監督が誕生した翌年、2006年のオーシャンSの結果は、

第1回 オーシャンS

1着:ネイティヴハート(3枠5番)

2着:コパノフウジン(1枠1

という結果になっています。

 

2008年:大矢監督就任翌年のオーシャンS

暗黒時代と言われる横浜ベイスターズの低迷期のため、牛島監督は2年で退任し、2007年に大矢明彦監督が2度目の監督に就任いたします。

 

牛島監督から大矢監督に交代した翌年、2008年のオーシャンSの結果は、

第3回 オーシャンS

1着:プレミアムボックス(8枠15番)

2着:エムオーウイナー(3枠6番)

という結果でした。

 

2011年:尾花監督就任翌年のオーシャンS

大矢監督に交代しても成績の低迷に歯止めがかからないため、2010年に尾花高夫監督が就任しました。

 

ちなみに、この2011年をもって親会社がTBSからDeNAに変わります。

当時はコンプガチャ騒動と呼ばれるソーシャルゲームの高額な課金が問題視されている時代でもあり、DeNAが親会社になることがあまり受け入れられていませんでした。

モバゲーベイスターズとか呼ばれていた時代が懐かしいですね。

 

尾花監督が誕生した翌年、2011年のオーシャンSの結果は、

第6回 オーシャンS

1着:ダッシャーゴーゴー(35番)

2着:キンシャサノキセキ(5枠10番)

という結果でした。

 

2013年:中畑監督就任翌年のオーシャンS

尾花監督になっても、セ・リーグの順位が最下位のままなので、中畑監督に交代しました。

中畑監督に交代してから成績は少しだけ上向きましたが、相変わらずのBクラスのまま。

それでも、監督の人柄と親会社がDeNAに変わったことで球団の人気が出てくるようになりました。

 

中畑監督が誕生した翌年、2013年のオーシャンSの結果は、

第8回 オーシャンS

1着:サクラゴスペル(4枠8番)

2着:ダッシャーゴーゴー(3枠5番)

という結果でした。

 

 

2022年のオーシャンSは3枠に大注目だ!!

ここまで読んでいただいた方は、

・横浜ベイスターズの監督が交代した翌年は、3枠が100%連対する!
ということにご理解いただけたと思います。

 

2022年は、三浦大輔監督の監督就任2年目の年なので、確実に3枠が連対することでしょう!

 

さらには、コロナ騒動で外国人選手がシーズン序盤に試合に出場できなかった昨年とは違い、2022年は三浦監督が悲願のリーグ優勝を成し遂げることでしょう!!

というわけで、当ブログの推奨枠は3といたします。

 

枠番発表は行われていませんが、どの馬が3枠に入るか今から楽しみですねヽ(=´▽`=)ノ

 

ちなみに、当ブログでは、サイン馬券を発表して実際に馬券を購入して結果発表をするという超優良ブログとなっています。

レース当日の午前中には実際の購入した馬券を公開いたしますので、興味のある方はトップページ(コチラをクリック)に移動をしてブックマークをお願いいたします。

(追記:レース当日になりましたので購入馬券記事を公開いたしました。コチラの記事をご確認ください。)

 

(2021年の下半期のサイン馬券でのG1レース的中実績を知りたい方は以下の記事をご閲覧ください。)

【収支公開】サイン馬券のみで3ヶ月間馬券を買ったらいくら勝てるのか

※過去のG1レースで購入した馬券はコチラにて全て確認できます。

 

ブログ村・人気ブログランキングにも参加しておりますので、記事下のボタンをクリックしていただけますと創作意欲の励みになります

 

それでは、レース当日に再度訪問いただけることを願って。

ではでは。