【チューリップ賞】2022年のサインは悠仁さまの筑波大学附属高校進学! 皇族が高校に進学された年に確実に連対する枠番を公開!

2022年3月2日

2022年3月5日にチューリップ賞が開催されます。

 

サインのヒントはチューリップの和名「鬱金香(うこんこう)」に注目しました。

和名の由来は、ウコンの香りに似ていることから、「ウコン香=うこんこう」とのことです。  

 

「うこんこう」。

上から読んでも下から読んでも「うこんこう」。

 

ここは、「回文サイン」でサインのポイントを見つけましょう!

回文と言えば、「竹やぶやけた」、「嫁踏めよ」、「俺、オレオ!」、「足袋がビタッ!」、「雅子様」などが有名です。

 

こう見ると、回文って意味不明なものが多くサインに使えそうなものがなかなかありませんね。

唯一「雅子様(皇后雅子様)」だけがサインのヒントになりそうです。

ここは、チューリップ賞と皇室関連でサインを見つけていきたいところ。

 

皇室関連の話題といえば、最近では秋篠宮悠仁さまの筑波大学附属高校の合格が報道されました。

試しに、秋篠宮家と敬宮家が高校に進学された年のチューリップ賞の結果を調べてみたら、やはりありましたね。

サインが。

 

平成天皇のお孫さまの「小室眞子さん」、「秋篠宮佳子さま」、「敬宮愛子さま」の高校に進学された年のチューリップ賞は○枠が100%連対していました。

2022年も秋篠宮悠仁さまの筑波大学附属高校への進学が決まりましたので、バッチリ○枠が連対することでしょう! 

 

○枠が何枠かが気になる方は、記事を読み進めてください!  

 

平成天皇のお孫さまが高校に進学された年一覧

・小室眞子さん(2007年に高校進学)

・秋篠宮佳子さま(2010年に高校進学)

・敬宮愛子さま(2017年に高校進学)

・秋篠宮悠仁さま(2022年に高校進学予定)

 

2022年の秋篠宮悠仁さまの年以外のチューリップ賞のレース結果は、全て○枠が連対しております。

それでは、お三方が高校に進学された年のチューリップ賞の結果を振り返っていきましょう!

 

平成天皇のお孫さまが高校に進学された年のチューリップ賞結果

2007年:小室眞子さんの高校進学の年

2007年に小室眞子さんが学習院女子高等科に進学されました。

 

小室眞子さんが学習院女子高等科に進学された2007年のチューリップ賞は、

第14回 チューリップ賞

1着:ウオッカ(6枠11番)

2着:ダイワスカーレット(4枠7番)

という結果になっています。

 

2010年:秋篠宮佳子さまの高校進学の年

2010年に秋篠宮佳子さまが学習院女子高等科に進学されました。

 

秋篠宮佳子さまが学習院女子高等科に進学された2010年のチューリップ賞は

第17回 チューリップ賞

1着:ショウリュウムーン(6枠12番)

2着:アパパネ(8枠16番)

という結果になっています。

 

2017年:敬宮愛子さまの高校進学の年

2017年に敬宮愛子内さまが学習院女子高等科に進学されました。

 

敬宮愛子さまが学習院女子高等科に進学された2017年のチューリップ賞は

第24回 チューリップ賞

1着:ソウルスターリング(7枠10番)

2着:ミスパンテール(6枠7番)

という結果になっています。

 

2022年のチューリップ賞のサインのポイント

ここまで読んでいただいた方は、

平成天皇のお孫さまが高校に進学された翌年は6枠が100%連対する!

ということにご理解をいただけたかと思います。  

 

さらに、秋篠宮家が高校に進学された年は、6枠が1着になっています。

2022年は秋篠宮悠仁さまが筑波大学附属高校に進学されるので、6枠が1着になる可能性が大と思われます。

ということで、当ブログの推奨枠は6といたします。  

 

枠番発表は行われていませんが、どの馬が6枠に入るか今から楽しみですねヽ(=´▽`=)ノ  

 

ちなみに、当ブログでは、サイン馬券を発表して実際に馬券を購入して結果発表をするという超優良ブログとなっています。

レース当日の午前中には実際の購入した馬券を公開いたしますので、興味のある方はトップページ(コチラをクリック)に移動をしてブックマークをお願いいたします。 

(追記:レース当日になりましたので、悠仁さま馬券を公開いたしました。コチラの記事をご確認ください。)

 

(2021年の下半期のサイン馬券でのG1レース的中実績を知りたい方は以下の記事をご閲覧ください。)

【収支公開】サイン馬券のみで3ヶ月間馬券を買ったらいくら勝てるのか

※過去のG1レースで購入した馬券はコチラにて全て確認できます。  

 

ブログ村・人気ブログランキングにも参加しておりますので、記事下のボタンをクリックしていただけますと創作意欲の励みになります

 

それでは、レース当日に再度訪問いただけることを願って。

ではでは。